ひらたんのブログ

妊活・インコ・4コマなど。子無し専業主婦のブログです。

2回目の卵管造影検査・ほか

先日、2回目の卵管造影検査を受けました。
生理7日目で、まだ少し出血が見られましたが、かなり少なくなってたから
そのまま検査を受ける事になりました。


診察室でチューブを入れてもらい、その後レントゲンへ。
前回受けた時は、卵管通す液を入れてる時に、生理痛みたいな痛みがありました。
今回は最初あまり痛くなかったのですが、一瞬すごく脂汗が出るような痛みが
あり、「ちょっと痛いです」と言いました。
その後ゆっくり痛みは軽くなっていきました。
レントゲンが終わり、診察室でレントゲン写真を見せてもらえました。
先生が丁寧に説明してくれました。両方とも通った事を写真付きで説明してもらえ
安心したし、本当に良かったです。
(前回の先生と、今回の先生は別の先生です)


後は、最近ニュースでよく見かける「風疹」について聞きました。
「以前、ここの病院で風疹などの抗体ができてるかどうか・・・
 検査を受けたのですが、結果を忘れてしまいました。教えていただけますか?」
結果は、風疹は抗体できてますよ。麻疹はできてないですね~。
もう40歳でリミットもあるので
「もし妊娠分かったら、駅や航空など、人が多い所へは行かないようにします」
という事にしました。元々そんな所行ってないので、たぶん大丈夫かな。
夫は幼少時にほぼ全てのうつる病気にうつったから、抗体できてると思うとのこと。
念のため、抗体できてるかどうかの血液検査は受けてもらった方がいいかも。。。
夫の抗体できてなかったら予防接種受けてもらおうかな。
風疹などの予防接種を受けると2か月は避妊しないといけないそうです。
2年前に調べてもらった時に、予防接種を受けたら良かったじゃないかと
思われる方もいると思うますが、以前見てもらってた先生からは
「別に予防接種受ける必要ない」という感じの対応だった気がします。
受けた方が良いと言われてたら、絶対受けてたはずです。


改めて思うのですが、私は前の先生だと不安でした。今の先生との違い・・・
前の先生は、患者には詳細を話さない人でした。
だからモヤモヤする事が多かったです。分からない不安な部分を聞くと
自分で調べて下さいという対応でした。
今の先生は全て話してくれるし、レントゲン写真も見せて説明してくれます。
分からない所は聞いたら教えてくれるし、検査結果のコピーもくれます。
安心できる信頼できるというのは、妊活において
けっこう大事な事なんじゃないかなと感じています。


さて、卵管造影検査は無事終わりました。両方の卵管通ったので、チャンスは2倍。
この検査後は妊娠しやすくなるそうです(3か月~6か月まで)
ゴールデン期というやつですね。
今回の卵管造影検査で、妊活における全ての検査を終わりました。
先生からは旦那さんとよく話して、人工授精に進むかどうか決めてねと言われました。
夫とこれから改めて相談です。元々はすぐに人工授精へ~って感じでしたけど、
ゴールデン期になったので、年内は自分達で頑張る??って話もでています。
もう少し何度も話し合って決めたいと思います。
先生からは「人工授精受ける場合、生理始まったらすぐに飲んでもらう薬もあるし
その辺の考慮して話し合ってもらえたら」という事でした。
今回はもう生理終わってるので、次回までに話を決めなければ・・・。